BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

ブリーダーとペットショップの違いについて

2021/01/13
ロゴ

犬を迎え入れる際、ブリーダーから迎え入れるかペットショップにするか迷いますよね。
では、ブリーダーとペットショップにはどのような違いがあるのでしょうか。
今回は、両者の違いについて解説致します。

▼ブリーダーについて

■ブリーダーのメリット

ブリーダーのメリットは、犬が育った環境を直接見れて、かつ親や兄弟が見れることです。
また、基本的なしつけがされているので、トイレなどをきちんと覚えています。
親や兄弟と接している時間が長いため、犬社会に対しすぐに順応することができます。

■ブリーダーのデメリット

ブリーダーの求める水準に達していないと飼えないケースがあります。
例えば、一人暮らしだったり、収入が安定してないと断られることもあるでしょう。
営利目的が強い悪徳なブリーダーがいるので、見極める必要があります。

▼ペットショップについて

■ペットショップのメリット

ブリーダーに比べるとペットショップは、扱っている犬種が多く、気軽に見に行くことができます。
また、定められた期間に病気や死亡してしまった場合、店舗によって保証制度があります。
店舗のため、犬に万が一なことがあったら、すぐに連絡を取れるのもメリットです。

■ペットショップのデメリット

商品として扱われるので、他の犬との交流や散歩の経験が少ないです。
両親や生まれ育った環境が分からないため、遺伝性疾患などの問題を持っている可能性もあります。

▼最後に
GIARDINO SIRENAでは、犬と猫を大切に育てているブリーダーです。
専門獣医師と協力しているので、健康面の管理もしっかり行っています。

ブリーダーからペットを迎えようか考えている方はぜひGIARDINO SIRENAにご相談ください。