BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

ペットの血統書の必要性とは?

2021/03/01
ロゴ

犬や猫を家族として迎える時、血統書のあるなしが話題になりますよね。
血統書の必要性はどのくらいあるのでしょうか?

今回はペットの血統書の必要性について詳しく解説します。

▼血統書=ペットの純血証明

血統書は、そのペットが純血交配によって生まれた個体だという証明です。
父母の血統やDNA情報なども血統書には記載されていますので、どのような出自かを証明するには十分な情報が得られるでしょう。

■血統書の必要性

ペットを飼う際、血統書のあるなしで制限がかかる場面は特にありません。
血統書によって動物病院での治療に差別を受けることはありませんし、健康面に差があるわけでもないです。

単にペットを家族に迎えるというだけなら、血統書は特に意味を持たないことになります。

■特定の目的において必要になることもある

どのような場面に血統書が必要になるかというと、主にコンテストです。
ドッグショーやアジリティー競技会などでは犬の品種ごとに部門が分かれていることが多く、出場するためには血統書が必要になります。

またブリーディングの際に血統書が意味を持つこともあります。
犬や猫を純血交配させたい場合は、純血種どうしの交配をしないと雑種が生まれてしまいます。
この場合も血統書による裏付けが重要です。

▼まとめ

血統書付きの犬、猫というと、何となく高級な印象がありますよね。
しかし犬や猫、その他のペットは、どの子も大切な命であり、家族です。
血統書の必要性にこだわりすぎることなく、どのペットにも等しく愛情を注いであげてください。