BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

愛犬と迎えるお正月について

2023/12/30
辰年の犬

愛犬と過ごすお正月はとても心を豊かにしてくれます。普段忙しくあまり相手をしてあげられない、といった飼い主さんもたっぷりコミュニケーションがとれるいい機会ですね。

そこで今回は愛犬とお正月を楽しく過ごすために気をつけたい5つのポイントをご紹介します。

 

①環境の確保

犬によっては賑やかな正月の雰囲気がストレスになる場合もあります。愛犬が新年の来客や夜間の騒音に敏感である場合、静かな別室や犬用ベッドなど、落ち着く場所を用意してあげましょう。

また、家族が集まる際には飼い主を感じられる場所に移動してあげましょう。

 

②食事

正月は食べ物が豊富ですが、人間の食べ物を犬に与えるのは慎重に行いましょう。中には犬にとって有害な食べ物があるため注意が必要です。おせちやお酒、お菓子は犬にはNGの食べ物です。来客や子供にはしっかりと説明しておきましょう。

また、夏に多いイメージの脱水症状ですが、空気が乾燥し飲水量が減る冬も注意が必要です。特に老犬は、加齢によって喉の渇きを感じにくく脱水症状になりやすいため、意識してしてあげるようにしてください。

水はこまめに変えて清潔を保つようにしましょう。

 

③定期的な散歩

犬は運動が必要ですので、正月休み中も定期的に散歩に連れて行ってあげましょう。寒い時期なので防寒対策が必要です。

正月太り解消のためにも犬と一緒にお出かけしてみてはいかがでしょうか。

中には犬連れ可能な神社もありますので、初詣の際には愛犬と一緒に参拝するのもおすすめです。

 

④来客の際の注意点

正月には家族や友達が集まることがありますが、犬が他の人やペットと上手に交流できるように気を付けましょう。

犬が不安に感じる場合は、無理にコミュニケーションを取らせるのではなく、リラックスできるようにしてあげてください。人からではなく犬から近寄ってくるのを待ってみましょう。

 

⑤早めの予定調整

ペットホテルや託児サービスが必要な場合は、早めに予約をすることが賢明です。特に正月は混雑する可能性が高く人気のあるペットホテルは数カ月前に予約が埋まることもあります。

いざという時のために年末年始に開いている動物病院も確認しておきましょう。

 

いかがでしょうか?

犬の性格や健康状態によって異なる場合もありますが、ぜひ参考にしてみてください。

お正月休みは、愛犬との絆が深まるいい機会です。普段できないスキンシップをたくさんとって、愛犬とのかけがえのないお正月をお過ごしください。