BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

犬にも花粉症はある?症状と対策

2024/03/01

春めいてきた今日この頃、花粉症で辛い思いしている方も多いのではないでしょうか。暖かい時期の散歩は気持ちの良いものですが花粉症だけが憂鬱・・・。
そういえば犬も花粉症になるの?またその対策についてお話したいと思います。

まず犬も花粉症になることはあります。犬の場合の花粉症は「アトピー性皮膚炎」として知られており、特定の花粉に対する過敏症反応が原因となります。
犬の花粉症の症状には、かゆみ、皮膚の赤みやただれ、耳のかゆみ、くしゃみ、目やになどが挙げられます。
花粉症対策にはいくつかの方法、対策があります。薬やサプリメントを使用する際は獣医師とも相談して使用することが重要です。

①散歩の時間を変える
花粉の飛散が少ない早朝や飛散の多い日没前後を避けて散歩するよう心がけます。花粉の多い日などは外出を控えるのも一つです。
また散歩のルートにも注意します。草むらにはアレルギーの原因となる植物があるため避けるようにしましょう。

②帰ってきてからの対策
散歩からの帰宅後は犬の体をブラッシングして花粉を取り除いてあげましょう。特に足裏は付きやすいのでよく拭いてあげてください。
事前に服を着せ花粉が付着しないようにするのも有効です。
もちろん人間の衣類などに付着した花粉も落として家の中に持ち込まないよう注意します。

③皮膚のケア
かゆみや皮膚の状態を改善するために、獣医師と相談し薬用シャンプーや保湿剤を使用してあげます。
シャンプーの回数を増やすことも良いですが、逆に皮膚炎やストレスの原因になることもあるので注意しましょう。

④食事(サプリメント)
皮膚の健康をサポートするために、オメガ3脂肪酸を含む食事を与えてみてください。ただオメガ3脂肪酸は普段の食事からの摂取が難しいものになるので割り切ってサプリメントを検討するのも良いでしょう。
オメガ3脂肪酸は皮膚の炎症を抑えてくれる効果もあります。

⑤室内での管理
いくら気を付けても花粉は室内に入ってきてしまうものです。
家の中で花粉を取り除くために定期的な掃除や空気清浄機を使い清潔な環境を保つよう気をつけましょう。

犬の花粉症も人同様に完治することは難しいと言われています。
少しでも症状を緩和できるよう対策をして、春先の散歩を楽しいものにしましょう。